クレジットカードで現金を作る時、キャッシングが利用出来なくても、ショッピング枠を換金していくことで現金を作ることが出来ます。
キャッシングの増額をするのもいいですが、改めて申請を出さないといけませんし、その審査が通らなかったら厳禁を作ることが出来ません。

ショッピング枠の換金なら、カードがある人なら誰でも行えるので、メリットの多い金策の一つとも言われていますよ。

勿論、ショッピング枠にある余裕額以内となりますので、限度額はありますが、急な出費で困っている人はショッピング枠の換金で現金を作ってみてはどうでしょうか。


方法はカードで買った商品を買取店に売るだけです。
流れ自体はそれほど難しい内容ではないですから、簡単に現金を作ることが出来ます。

この際、購入する商品が換金率の高いもので、買取店がその商品を高く買い取れる所なのであれば、購入時と売却時の価格の差を小さく出来るので損をしなくて済みます。

表向きはカードで買い物をしただけですから、第三者に疑われるということもありません。


ただ、問題になってくるのは、このクレジットカードのショッピング枠の換金は、カード会社の利用規約違反になる、ということです。
カード会社は換金目的での買い物は禁止しています。

換金が行われないように、カード会社は厳しく監視をしていて、個人で現金化を行っていくのはリスクが高いと言われています。
特に換金率が高い商品は、高確率でカード会社の監視に引っ掛かると言われているので、高額で現金を作りたい時は自分で進めていかない方が無難かと思います。


そういう時頼りになるのが現金化業者です。

現金化業者ならカード会社に見つからないように現金化を進めていってくれるので、スムーズに現金を作っていくことが出来ます。
リスク回避がしやすい分、換金率を高くしていくことも出来るので、高額での現金化も可能です。

換金率に関しては、少額での現金化をしたい時だと、逆に低くなり過ぎてしまうことがあります。
また現金化業者はそれぞれ、対応出来る金額が設定されていますので、自分が欲しい金額が対応していて、その換金率がどのくらいになっているかを何ヶ所かで比較するようにしましょう。
現金化の換金率は、購入額が高くなればなるほど良くなっていきますので、少額の現金化は正直あまりおすすめしません。

現金化業者の換金率は、それぞれの業者によって違います。
最大だと98%前後の換金率で行ってくれる所もありますが、だいたい換金率が高いと現金化の速度が遅いということが多いです。
逆に速度が早いと換金率が低くなることもありますので、自分の目的に合った現金化業者を選択していくようにしましょう。


また、換金率も含め『条件が良すぎる』現金化業者は、悪質な業者である可能性があります。
換金率は現金化業者でも100%にすることは難しいです。
もし、換金率が100%であることを売りにしている業者があるのでしたら、それは裏がある可能性が高いです。

信頼出来る所なのかどうかを判別して、その上で利用していくようにしましょう。


ここまで見て、クレジットカードで現金を作るのが面倒に感じたのであれば、消費者金融を利用したり、キャッシングの増額を申し込むのもいいと思います。
ただ、最初にも書きましたが、改めて審査や申請をしないといけません。
その審査も確実に通るとは限らないですし、待たされた上で通らなかったら、お金が必要なタイミングで用意出来ないですよね。

現金化業者の見極めはそれほど難しいことではないですし、多少時間が掛かっても、即日対応の所もありますのですぐに現金を作ることも可能です。
そういったことも踏めて、現金化業者にカードの現金化を依頼してみるのもいいのではないでしょうか。